NPO法人日本テディベア協会が承認する『ベリーマンベア』が登場です。
1902年11月16日、アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトがクマを助け、
そのエピソードがワシントンポスト紙に挿絵入りで紹介されました。
挿絵の特徴あるクマは記者の名前から「ベリーマンベア」と呼ばれ人気を博し、
その後作られたクマのぬいぐるみはセオドア・ルーズベルト大統領の
ニックネーム「テディ」をつけ「テディベア」と呼ばれるようになりました。

   
     
  ベリーマンベア BLおおきなぬいぐるみ